飯椀クラワンカ

飯椀クラワンカ0001.jpg 飯椀(クラワンカ型)

愛媛県・砥部焼の伝統的な形状(クラワンカ型)の飯椀。
元来、船乗りが船上で転ばない椀を。と考案されたカタチで、
高台の径が通常より大きく安定しています。
漆器は磁器よりも軽く保温性にも優れているので、飯椀に適した器と言えます。






飯椀クラワンカ0001.jpg


¥9,000(+tax)φ12.2cm×h7cm

飯椀クラワンカ0002.jpg
飯椀クラワンカ0003.jpg
飯椀クラワンカ0004.jpg